子供の視力回復トレーニング簡単実践日記 : 子供が近視になっても、メガネはすぐに買わないで下さいっ!

子供の視力回復トレーニング簡単実践日記

子供が近視になっても、メガネはすぐに買わないで下さいっ!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------------------------------------------
視力回復のトレーニングは、筋肉トレーニングと一緒で、いきなりきついトレーニングすると筋肉痛になるように、視力回復トレーニングもいきなりきついトレーニングをすると、眼が痛くなってしまい、返って視力が落ちてしまう恐れがあります。
そのため、段階を踏んで視力回復トレーニングしていくことをオススメします。
もし、あなたやあなたの子供に視力回復トレーニングを始めよう、始めさせようと思っているなら、眼球トレーニングから始めましょう。少しずつ眼の筋肉を毎日継続してトレーニングすることが大事です。
はじめて僕のブログを見に来た方はこちらをどうぞ。

子供の視力低下を防ぐためには?

視力回復トレーニングの話ばかりでしたので、ちょっと物の見方についてお話したいと思います。
あなたは何かを見るとき、どんな感じで見ますか?
遠くの山を見るときは、眺めると思います。では、本を読むときはどうでしょうか?凝視してみているのではないでしょうか?
この【眺める】のと、【凝視】するのでは、目の疲れ具合が全然違います。
ちょっと話はそれますが、アフリカのマサイ族ってご存知ですか?
アフリカの大自然の中で生活している方々なんですが、とてもすごいのが目の視力です。
なんと、平均視力が2.5もあるんですっ!
日本人大学生の平均視力が0.2しかないことからすると、ビックリです。
身体能力の差だと思ってしまいそうですが、そうでもないんです。
アフリカの都市部に住んでいる方々の平均視力は1.0くらいということなので、一概に身体能力の差ともいいきれません。
では、何が違うのか?
それは、生活環境の違いが大きいと思います。
マサイ族の方々は、大自然の中でとても地平線が見えるような土地で生活しているので、なにを見るのにも眺めているんです。当然、近くのものを見るときは凝視することもあると思いますが、頻度は眺めるほうが多いと思います。
では、私たち日本人はどうでしょうか?
狭い島国の中、ビルがたくさん立ち並び、とても狭苦しい土地で生活しています。しかも、パソコンやテレビ、テレビゲーム・携帯ゲーム、マンガ・雑誌などの書籍、、、
遠くを【眺める】より、近くのものを【凝視】するほうが断然に多いのです。
こういった生活環境の違いによって、視力にも違いがでていると感じています。
じゃあ、どうすればいいの?
それは、簡単です。^^
意識して遠くを眺める習慣をつければいいんです。
たとえば、仕事の合間に窓からみえる遠くの山や景色を眺めたり、ゲームなんかも1時間ごとに休憩を入れて遠くを眺めたりすればいいんです。
この点を気をつければいいだけで、視力の低下は防げると思います。
でも、遠くを眺めるだけだと、目の休息をしているだけで目を鍛えられるわけではありません。
眺めることと視力回復トレーニングを一緒にしたい場合は、もう少し眺める場所を意識して決める必要があります。
ちなみに、あなたの裸眼の視力はいくつですか?
もし、0.1以下の方であれば、
雑誌や小説や絵本などを開き、書かれている文字を見てください。
そして、だんだん遠ざけていきます。すると、ある地点で書かれている文字のピントがあわなくなってくると思います。
そのピントが合わなくなるギリギリのラインで見ると、あなたの目はピントを合わせようと目の筋肉を使います。
これがトレーニングになるわけです。
視力が0.1以上ある方は、部屋の壁などにポスターなどを貼り、ポスターに書かれている絵や文字を見ながら後ろに下がります。ピントが合わなくなる位置で見てください。
0.1以下の方と同じように目の筋肉が動いてくれて、トレーニングになるんです。
遠近トレーニングのようなものですね。
家の中でできる遠近トレーニングと思ってください。^^
物の見方を変えるだけで、目を鍛えることができるんですね。
みなさんもぜひやってみてください♪
-------------------------------------------
視力回復のトレーニングは、筋肉トレーニングと一緒で、いきなりきついトレーニングすると筋肉痛になるように、視力回復トレーニングもいきなりきついトレーニングをすると、眼が痛くなってしまい、返って視力が落ちてしまう恐れがあります。
そのため、段階を踏んで視力回復トレーニングしていくことをオススメします。
もし、あなたやあなたの子供に視力回復トレーニングを始めよう、始めさせようと思っているなら、眼球トレーニングから始めましょう。少しずつ眼の筋肉を毎日継続してトレーニングすることが大事です。
はじめて僕のブログを見に来た方はこちらをどうぞ。

テーマ:視力回復 - ジャンル:ヘルス・ダイエット


子供のメガネについて

こんにちは^^
ようやく時間が取れたので、メガネのかけ方について書いていきたいと思います。
できれば、視力が落ち始めた子供を持ったお父さん、お母さんに読んでもらいたい内容です。
メガネを掛けると視力が落ちる。
よく聞いたことがフレーズですね。僕もメガネを小学校4年生から掛けているんですが、まぁ、見事に落ちました。 爆
掛け始めたころは、0.3くらいだったと思います。
この視力が見事に0.1まで落ちたんですよ。たしか中学校2年生くらいのときにメガネを買い替えた記憶があるので、そのときにはかった視力ですね。
なんでメガネを掛けると視力が落ちるんでしょうか?
それは、メガネの掛け方に問題があったんです。
メガネって、掛けてる人はわかると思いますが、基本的にはずさないですよね?
僕もずっと掛けてます。はずすときは、お風呂のときと寝るときくらいです。 汗
最近だと寝るときもかけたまま寝てしまうことがあるくらいです。 滝汗
この【 ずっと掛けている 】ことが問題なんです。メガネはずっと掛けていると視力が落ちてしまうんです。
近視の方がメガネをかける理由は、【 遠くが見えない 】からですよね。でも、近くを見るときもメガネを掛けてますよね。わざわざはずすのめんどくさいですから。^^;
実は、近くを見るときにメガネを掛けていることが視力を落とす原因となっているんです。
なぜか?
単純です。基本的に遠くを見るより近くを見ることのほうが多いですよね?
で、近くを見るときに、実際はメガネをかけなくても見えるのに、メガネを掛けてみているわけです。 見ている本人は気づきませんが、目としては、メガネを通して近くのものを見ているので、望遠鏡を通してみているようなものです。
近くばかり見るということは、目の筋肉はあまり動く必要がありません。すると、目の筋肉が固まっていくんですね。これって、視力が下がる原因と言われているんです。医学的なことは今度まとめますね。^^;
じゃあ、どうすればいいの?
という話になりますね。本当はメガネを掛けさせないのが一番なんですが、実際視力が落ちてしまった子供にメガネを掛けさせないと、黒板の字が見えないなどといった理由で、学力が落ちていくことも考えられるので、メガネは掛けさせたほうがいいと思います。
はっきりいうと、【 遠くを見るときだけ 】メガネを掛ければいいんです。
【 近くを見るとき 】は、メガネをはずして見るんです。
子供の場合、教室で一番後ろとかだと、黒板を見るときにメガネを掛けて、ノートや教科書を見るときはメガネをはずす、、、とすればいいんですが、そんなことしてたら大変なので、一番前の席にしてもらい、メガネをかけないといったほうがいいわけです。
また、もうひとつの方法としては、度を低めにしたメガネを別に持ち、近くを見るときは、度が低めのメガネに掛けかえるというのも手です。
どちらにしても、近くを見るときは、裸眼で見たほうがいいのです。裸眼で見えないのであれば、見えるか見えないかのギリギリの視力に合わせたメガネで見ると、目の筋肉が視野に入ったものを見ようと動いてくれるので、視力が落ちにくいんです。
本当はこういった状況になる前に、視力回復トレーニングを実践しておけば、視力が落ちにくく、あわよくば視力が上がるといったこともあるわけです。
僕は、娘に対してメガネだけは掛けさせたくないという思いから、視力回復トレーニングを子供と一緒に行っています。
最近は仕事が忙しく、毎日の実践が難しくなってますが。 涙
まぁ、ちょっと長くなってしまいましたが、メガネの掛け方?についてまとめてみました。
わかりにくいっ!と思った方はどんどんコメントにご指摘いただければ幸いです。^^;
また、今度医学的な部分についてまとめたいと思いますので、気を長くしてお待ちください。笑
-------------------------------------------
視力回復のトレーニングは、筋肉トレーニングと一緒で、いきなりきついトレーニングすると筋肉痛になるように、視力回復トレーニングもいきなりきついトレーニングをすると、眼が痛くなってしまい、返って視力が落ちてしまう恐れがあります。
そのため、段階を踏んで視力回復トレーニングしていくことをオススメします。
もし、あなたやあなたの子供に視力回復トレーニングを始めよう、始めさせようと思っているなら、眼球トレーニングから始めましょう。少しずつ眼の筋肉を毎日継続してトレーニングすることが大事です。
はじめて僕のブログを見に来た方はこちらをどうぞ。

テーマ:視力回復 - ジャンル:ヘルス・ダイエット


子供に視力回復トレーニングって必要なの???

子供に視力回復トレーニングって必要なの?
はっきりいって必要です。
子供の場合、視力回復トレーニングというより、視力維持トレーニングと言ったほうがいいかもしれません。
子供の視力って、生まれたばかりのころは、0.03くらいだと言われています。それからスクスクと育っていくと、1.2、1.5といった辺りまで視力が上がっていきます。
しかし、最近の子供は、テレビを見たり、テレビゲーム携帯ゲームをしたり、マンガを読んだり・・・と狭い範囲で眼を使うことが多くなっています。
狭い範囲ばかりで眼を使うと、だんだん視力が落ちていくと言われています。
人は動物ですよね。動物って、漢字のとおり、『動く物』なんです。本来は動いていることが普通なんです。
ちょっとした問題を作ってみました。あなたならどちらを選びますか?
1.なにもしないで1時間じっと立っている
2.1時間歩き続ける
おそらくほとんどの方は2番を選ぶと思います。1時間なにもしないで立っているのは、とても苦痛です。
でも1時間歩き続けるのは、疲れるかもしれませんが、なにもしないで立っているよりは、楽なはずです。
眼も同じです。止まっていると、苦痛に感じるんです。
でも、テレビゲームなんかが特にそうですが、面白くてずっと続けてしまいますよね。
そうして長い時間続けてると、眼が麻痺してくるんです。麻痺すると、そうした苦痛が苦痛に感じなくなってしまい、慣れてしまいます。慣れてしまうと、その距離までの視力になってしまうと言われています。
そうならないためにも、テレビゲームをさせない方がいいんですが、それも難しいので、時間を決めたりして、途中で眼を休めたり、遠くを見たり、眼のトレーニングをしたりすべきなんです。
なので、まだ視力が落ちていない子供にも視力回復トレーニングは視力を落とさないために有効なんです。
もちろん、近視になってしまった子供には、視力回復トレーニングを続けることが必要です。
視力回復トレーニングというものは、どういったものなのでしょうか?
-------------------------------------------
視力回復のトレーニングは、筋肉トレーニングと一緒で、いきなりきついトレーニングすると筋肉痛になるように、視力回復トレーニングもいきなりきついトレーニングをすると、眼が痛くなってしまい、返って視力が落ちてしまう恐れがあります。
そのため、段階を踏んで視力回復トレーニングしていくことをオススメします。
もし、あなたやあなたの子供に視力回復トレーニングを始めよう、始めさせようと思っているなら、眼球トレーニングから始めましょう。少しずつ眼の筋肉を毎日継続してトレーニングすることが大事です。
はじめて僕のブログを見に来た方はこちらをどうぞ。

テーマ:視力回復 - ジャンル:ヘルス・ダイエット


«  | HOME | 

プロフィール

視力回復パパ ひろ

Author:視力回復パパ ひろ
人気ブログランキングへ登録しました。^^
人気ブログランキングへ

簡単視力検査

スポンサーサイト

トライアルセット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。