子供の視力回復トレーニング簡単実践日記 : 子供が近視になっても、メガネはすぐに買わないで下さいっ!

子供の視力回復トレーニング簡単実践日記

子供が近視になっても、メガネはすぐに買わないで下さいっ!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------------------------------------------
視力回復のトレーニングは、筋肉トレーニングと一緒で、いきなりきついトレーニングすると筋肉痛になるように、視力回復トレーニングもいきなりきついトレーニングをすると、眼が痛くなってしまい、返って視力が落ちてしまう恐れがあります。
そのため、段階を踏んで視力回復トレーニングしていくことをオススメします。
もし、あなたやあなたの子供に視力回復トレーニングを始めよう、始めさせようと思っているなら、眼球トレーニングから始めましょう。少しずつ眼の筋肉を毎日継続してトレーニングすることが大事です。
はじめて僕のブログを見に来た方はこちらをどうぞ。
-------------------------------------------
カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事
-------------------------------------------

子供の近視の危険信号を見極めるためには

最近の子供の視力低下がすごいスピードなのをご存知ですか?
1年経たないうちに1.0の視力が0.3まで落ちてしまうんです。
視力が落ちる原因は様々ですが、あまりにも早いと思いませんか?
これは目の基礎体力が弱ってきていることが原因と言われています。
人間の体力が弱っていると風邪を引いてしまい、肺炎にまでなってしまうこともあります。逆に体力があるとあまり風邪を引きませんよね。
目も同じなんです。
目の基礎体力が弱ると、これまでに保っていた視力がなんでもないことでだんだん低下してしまうのです。
昔と比べて子供が外で遊ぶことが少なくなり、テレビや読書、ゲームなど家の中で遊ぶため、目の使い方が昔と違ってきているんです。
外で遊ぶと見る範囲が広く、目をよく動かすので自然と目の筋肉も鍛えられるのですが、家の中でゲームなどで遊んだ場合は、見る範囲が狭く、目をあまり動かさないため、目の筋肉も鍛えられません。
そのため、視力の低下が昔の子供に比べて早くなっていることが考えられるのです。
また、お子さんの視力が低下しても本人があまり自覚できず、親も気がつきにくいことが多々あります。
視力の低下は虫歯ができたときのように痛みがあれば、本人もすぐに気がつくんですが、痛みといったものがありません。
しかも見えにくくなっていることに気がつきにくいんです。
それはなぜかというと、1日で視力が1.0から0.3に落ちるわけではなく、徐々に落ちていくため、見難いと思っても他の要因で見えなくなっていると理解してしまうんです。
なるべく定期的に視力の検査をするように心がければ、早い段階で視力が落ちてきていることに気がつくことができます。
2、3ヶ月ごとに視力の検査を行うようにしましょうっ!
少しでも下がっている場合は、視力回復トレーニングをオススメします。^^
-------------------------------------------
視力回復のトレーニングは、筋肉トレーニングと一緒で、いきなりきついトレーニングすると筋肉痛になるように、視力回復トレーニングもいきなりきついトレーニングをすると、眼が痛くなってしまい、返って視力が落ちてしまう恐れがあります。
そのため、段階を踏んで視力回復トレーニングしていくことをオススメします。
もし、あなたやあなたの子供に視力回復トレーニングを始めよう、始めさせようと思っているなら、眼球トレーニングから始めましょう。少しずつ眼の筋肉を毎日継続してトレーニングすることが大事です。
はじめて僕のブログを見に来た方はこちらをどうぞ。
-------------------------------------------
カテゴリー「子供の視力について」内の最新記事
-------------------------------------------

テーマ:視力回復 - ジャンル:ヘルス・ダイエット


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eyesrecovery.blog76.fc2.com/tb.php/37-c4d8eb01

 | HOME | 

プロフィール

視力回復パパ ひろ

Author:視力回復パパ ひろ
人気ブログランキングへ登録しました。^^
人気ブログランキングへ

簡単視力検査

スポンサーサイト

トライアルセット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。