子供の視力回復トレーニング簡単実践日記 : 子供が近視になっても、メガネはすぐに買わないで下さいっ!

子供の視力回復トレーニング簡単実践日記

子供が近視になっても、メガネはすぐに買わないで下さいっ!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------------------------------------------
視力回復のトレーニングは、筋肉トレーニングと一緒で、いきなりきついトレーニングすると筋肉痛になるように、視力回復トレーニングもいきなりきついトレーニングをすると、眼が痛くなってしまい、返って視力が落ちてしまう恐れがあります。
そのため、段階を踏んで視力回復トレーニングしていくことをオススメします。
もし、あなたやあなたの子供に視力回復トレーニングを始めよう、始めさせようと思っているなら、眼球トレーニングから始めましょう。少しずつ眼の筋肉を毎日継続してトレーニングすることが大事です。
はじめて僕のブログを見に来た方はこちらをどうぞ。
-------------------------------------------
カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事
-------------------------------------------

視力回復トレーニング【眼球トレーニング:目の体操】

◆眼球トレーニング(眼の体操)
眼球トレーニングといっても、やり方は色々あります。
まずは簡単なトレーニングをやってみましょう。
1.眼を上下に動かしましょう。
  顔は動かさず、眼だけを動かすんですが、
  上を見て  次に下を見るというのを
  ゆっくりでいいので5回やってみましょう。
2.次に眼を左右に動かします。
  1と同じく、顔は動かさず、眼だけを動かします。
  左を見てから、ゆっくりと右を見ます。
  こちらもゆっくりでいいので、5回やってみましょう。
3.次は眼を斜めに動かします。
  右斜め上、左斜め上のどちらからでもいいです。
  右斜め上から始めたら、次に左斜め下を見てください。
  これも5回繰り返します。
  ゆっくりでいいですよ。
  終わったら、反対側を同じように5回動かしてください。
4.最後に眼を回します。
  左周りと右周りを両方します。
  これもどちらからしてもいいので、
  5回ずつ動かしてください。
眼の準備体操といった感じでしょうか。
これまでに意識して眼を動かすことのなかった方は、眼が痛いと感じたり、眼がダルイと感じるかもしれません。
そういった方は、無理しないでください。
まずはゆっくりと動かしてみてください。
もし、少しでも眼がツライと感じたら、回数を減らしてトレーニングしてみましょう。
少しずつでいいんです。
少しずつ眼球トレーニングを行って、眼の筋肉を鍛えていきましょう。
眼の筋肉も腹筋も同じ筋肉です。
無理をすると、筋肉痛になります。
腹筋の筋肉痛なら、腹筋が痛いだけですみますが、眼の筋肉痛は大変です。眼の筋肉が痛くなるんですから。想像しただけで、眼が痛くなります。><
なので、ゆっくりすることと、
なるべく毎日継続してトレーニングすることが大切ですよ。
-------------------------------------------
視力回復のトレーニングは、筋肉トレーニングと一緒で、いきなりきついトレーニングすると筋肉痛になるように、視力回復トレーニングもいきなりきついトレーニングをすると、眼が痛くなってしまい、返って視力が落ちてしまう恐れがあります。
そのため、段階を踏んで視力回復トレーニングしていくことをオススメします。
もし、あなたやあなたの子供に視力回復トレーニングを始めよう、始めさせようと思っているなら、眼球トレーニングから始めましょう。少しずつ眼の筋肉を毎日継続してトレーニングすることが大事です。
はじめて僕のブログを見に来た方はこちらをどうぞ。
-------------------------------------------
カテゴリー「眼球トレーニング」内の最新記事
-------------------------------------------

テーマ:視力回復 - ジャンル:ヘルス・ダイエット


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eyesrecovery.blog76.fc2.com/tb.php/3-47a2703a

 | HOME | 

プロフィール

視力回復パパ ひろ

Author:視力回復パパ ひろ
人気ブログランキングへ登録しました。^^
人気ブログランキングへ

簡単視力検査

スポンサーサイト

トライアルセット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。