子供の視力回復トレーニング簡単実践日記 : 子供が近視になっても、メガネはすぐに買わないで下さいっ!

子供の視力回復トレーニング簡単実践日記

子供が近視になっても、メガネはすぐに買わないで下さいっ!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------------------------------------------
視力回復のトレーニングは、筋肉トレーニングと一緒で、いきなりきついトレーニングすると筋肉痛になるように、視力回復トレーニングもいきなりきついトレーニングをすると、眼が痛くなってしまい、返って視力が落ちてしまう恐れがあります。
そのため、段階を踏んで視力回復トレーニングしていくことをオススメします。
もし、あなたやあなたの子供に視力回復トレーニングを始めよう、始めさせようと思っているなら、眼球トレーニングから始めましょう。少しずつ眼の筋肉を毎日継続してトレーニングすることが大事です。
はじめて僕のブログを見に来た方はこちらをどうぞ。

視力回復トレーニング【蛍光灯を使った虹彩トレーニング】

こんにちは~。視力回復パパのひろです。^^
先日説明した、虹彩トレーニングはわかりましたか?
よくわかっていない、まだ読んでいない方は、ここからどうぞ。
視力回復トレーニング【虹彩トレーニングとは?】
さて、虹彩トレーニング方法を説明する前に、注意点を書いておきます。このトレーニングでは、決して目を開けないでください。なんで開けたらいけないのかは、下を読めばわかると思います。^^;
1.まず蛍光灯スタンドを用意します。お持ちでない方は、
  部屋の蛍光灯でもOKです。電気をつけた状態にして
  ください。
2.次に両手で目を覆ってください。蛍光灯の光を塞ぐのです。
  真っ暗の状態にしてください。
3.そして、目を閉じたまま、両手をはずしてください。
4.2と3を5秒間隔で繰り返します。1セットを10回程度と
  してください。
まぶしい状態と真っ暗な状態を交互に繰り返すトレーニングです。
なぜ目を開けてはいけないのか、それはまぶしすぎるからです。爆まぶしすぎるのは、目が痛くなりますよね?目が痛くならないよう、目を閉じた状態で明るさを感じ取るんです。
これだけでも、内眼筋は鍛えられます。
明と暗の環境を作り出し、目に対して人為的に明と暗を感じさせることが瞳孔括約筋・瞳孔散大筋を鍛えるトレーニングとなるんです。
スポンサーサイト
-------------------------------------------
視力回復のトレーニングは、筋肉トレーニングと一緒で、いきなりきついトレーニングすると筋肉痛になるように、視力回復トレーニングもいきなりきついトレーニングをすると、眼が痛くなってしまい、返って視力が落ちてしまう恐れがあります。
そのため、段階を踏んで視力回復トレーニングしていくことをオススメします。
もし、あなたやあなたの子供に視力回復トレーニングを始めよう、始めさせようと思っているなら、眼球トレーニングから始めましょう。少しずつ眼の筋肉を毎日継続してトレーニングすることが大事です。
はじめて僕のブログを見に来た方はこちらをどうぞ。

テーマ:視力回復 - ジャンル:ヘルス・ダイエット


視力回復トレーニング【虹彩トレーニング】

視力回復のトレーニング方法って、何種類もあります。
僕がこのブログで紹介しているのは、ほんのごく一部です。なるべく初心者の方でも簡単にできる視力回復トレーニングをまとめているので、これからトレーニングを始めようと思ってる方は参考にしてくださいね。
今回は、虹彩(こうさい)トレーニングについて、トレーニング方法を説明する前に、目のどこの筋肉を鍛えるのか説明しますね。
眼の内部の内眼筋には、目の水晶体のピントを調節するための毛様体筋があります。
実はまだ他の筋肉があるんです。
瞳孔(どうこう)を拡大したり縮小したりする瞳孔括約筋瞳孔散大筋です。これらの筋肉を鍛えるために、虹彩トレーニングが有効と言われています。
虹彩って、眼の角膜と水晶体の間に存在していて、目に入る光の量を調節してくれているんです。実は、光の量によって、瞳孔が大きくなったり、小さくなったりしているんですよ。
虹彩の筋肉を不随意筋といいます。
この筋肉は、自分の意識で動かすことのできない筋肉です。^^;
まぁ、、、動かそうとしても動かせないですよね。w
なので、自分で明るい・暗い場所を作ってトレーニングすることになります。
虹彩トレーニングは、虹彩の筋肉を半ば強制的に動かし、鍛えることになります。暗さへの反応が良くなるといわれてます。
近いうちに虹彩トレーニング方法を書きたいと思いますので、気になる方はマメにチェックしてくださいね~ ^^
-------------------------------------------
視力回復のトレーニングは、筋肉トレーニングと一緒で、いきなりきついトレーニングすると筋肉痛になるように、視力回復トレーニングもいきなりきついトレーニングをすると、眼が痛くなってしまい、返って視力が落ちてしまう恐れがあります。
そのため、段階を踏んで視力回復トレーニングしていくことをオススメします。
もし、あなたやあなたの子供に視力回復トレーニングを始めよう、始めさせようと思っているなら、眼球トレーニングから始めましょう。少しずつ眼の筋肉を毎日継続してトレーニングすることが大事です。
はじめて僕のブログを見に来た方はこちらをどうぞ。

テーマ:視力回復 - ジャンル:ヘルス・ダイエット


 | HOME | 

プロフィール

視力回復パパ ひろ

Author:視力回復パパ ひろ
人気ブログランキングへ登録しました。^^
人気ブログランキングへ

簡単視力検査

スポンサーサイト

トライアルセット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。