子供の視力回復トレーニング簡単実践日記 : 子供が近視になっても、メガネはすぐに買わないで下さいっ!

子供の視力回復トレーニング簡単実践日記

子供が近視になっても、メガネはすぐに買わないで下さいっ!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------------------------------------------
視力回復のトレーニングは、筋肉トレーニングと一緒で、いきなりきついトレーニングすると筋肉痛になるように、視力回復トレーニングもいきなりきついトレーニングをすると、眼が痛くなってしまい、返って視力が落ちてしまう恐れがあります。
そのため、段階を踏んで視力回復トレーニングしていくことをオススメします。
もし、あなたやあなたの子供に視力回復トレーニングを始めよう、始めさせようと思っているなら、眼球トレーニングから始めましょう。少しずつ眼の筋肉を毎日継続してトレーニングすることが大事です。
はじめて僕のブログを見に来た方はこちらをどうぞ。

視力回復トレーニング【蛍光灯を使った虹彩トレーニング】

こんにちは~。視力回復パパのひろです。^^
先日説明した、虹彩トレーニングはわかりましたか?
よくわかっていない、まだ読んでいない方は、ここからどうぞ。
視力回復トレーニング【虹彩トレーニングとは?】
さて、虹彩トレーニング方法を説明する前に、注意点を書いておきます。このトレーニングでは、決して目を開けないでください。なんで開けたらいけないのかは、下を読めばわかると思います。^^;
1.まず蛍光灯スタンドを用意します。お持ちでない方は、
  部屋の蛍光灯でもOKです。電気をつけた状態にして
  ください。
2.次に両手で目を覆ってください。蛍光灯の光を塞ぐのです。
  真っ暗の状態にしてください。
3.そして、目を閉じたまま、両手をはずしてください。
4.2と3を5秒間隔で繰り返します。1セットを10回程度と
  してください。
まぶしい状態と真っ暗な状態を交互に繰り返すトレーニングです。
なぜ目を開けてはいけないのか、それはまぶしすぎるからです。爆まぶしすぎるのは、目が痛くなりますよね?目が痛くならないよう、目を閉じた状態で明るさを感じ取るんです。
これだけでも、内眼筋は鍛えられます。
明と暗の環境を作り出し、目に対して人為的に明と暗を感じさせることが瞳孔括約筋・瞳孔散大筋を鍛えるトレーニングとなるんです。
スポンサーサイト
-------------------------------------------
視力回復のトレーニングは、筋肉トレーニングと一緒で、いきなりきついトレーニングすると筋肉痛になるように、視力回復トレーニングもいきなりきついトレーニングをすると、眼が痛くなってしまい、返って視力が落ちてしまう恐れがあります。
そのため、段階を踏んで視力回復トレーニングしていくことをオススメします。
もし、あなたやあなたの子供に視力回復トレーニングを始めよう、始めさせようと思っているなら、眼球トレーニングから始めましょう。少しずつ眼の筋肉を毎日継続してトレーニングすることが大事です。
はじめて僕のブログを見に来た方はこちらをどうぞ。

テーマ:視力回復 - ジャンル:ヘルス・ダイエット


視力回復トレーニング【虹彩トレーニング】

視力回復のトレーニング方法って、何種類もあります。
僕がこのブログで紹介しているのは、ほんのごく一部です。なるべく初心者の方でも簡単にできる視力回復トレーニングをまとめているので、これからトレーニングを始めようと思ってる方は参考にしてくださいね。
今回は、虹彩(こうさい)トレーニングについて、トレーニング方法を説明する前に、目のどこの筋肉を鍛えるのか説明しますね。
眼の内部の内眼筋には、目の水晶体のピントを調節するための毛様体筋があります。
実はまだ他の筋肉があるんです。
瞳孔(どうこう)を拡大したり縮小したりする瞳孔括約筋瞳孔散大筋です。これらの筋肉を鍛えるために、虹彩トレーニングが有効と言われています。
虹彩って、眼の角膜と水晶体の間に存在していて、目に入る光の量を調節してくれているんです。実は、光の量によって、瞳孔が大きくなったり、小さくなったりしているんですよ。
虹彩の筋肉を不随意筋といいます。
この筋肉は、自分の意識で動かすことのできない筋肉です。^^;
まぁ、、、動かそうとしても動かせないですよね。w
なので、自分で明るい・暗い場所を作ってトレーニングすることになります。
虹彩トレーニングは、虹彩の筋肉を半ば強制的に動かし、鍛えることになります。暗さへの反応が良くなるといわれてます。
近いうちに虹彩トレーニング方法を書きたいと思いますので、気になる方はマメにチェックしてくださいね~ ^^
-------------------------------------------
視力回復のトレーニングは、筋肉トレーニングと一緒で、いきなりきついトレーニングすると筋肉痛になるように、視力回復トレーニングもいきなりきついトレーニングをすると、眼が痛くなってしまい、返って視力が落ちてしまう恐れがあります。
そのため、段階を踏んで視力回復トレーニングしていくことをオススメします。
もし、あなたやあなたの子供に視力回復トレーニングを始めよう、始めさせようと思っているなら、眼球トレーニングから始めましょう。少しずつ眼の筋肉を毎日継続してトレーニングすることが大事です。
はじめて僕のブログを見に来た方はこちらをどうぞ。

テーマ:視力回復 - ジャンル:ヘルス・ダイエット


視力回復トレーニング【指を使った遠近トレーニング】

先日説明した遠近トレーニングについて、いかがでしたか?
まだ読んでないという方は、こちらからどうぞ。^^
今回はもうひとつの遠近トレーニングです。
サラリーマンなど、日中は仕事で忙しく、なかなか外を見ることができない方などにいいと思います。その場でトレーニングできるって点もいいですね♪
1.親指の爪にランドルド環(視力検査のときによく見る「C」
  のマーク)を書いてください。
2.複式呼吸に合わせて、親指を目に近づけたり、
  遠ざけながら、ランドルド環を見てください。
3.指を近づけるスピードはゆっくりと。指を遠ざけるスピードは
  すばやくすると、内眼筋に負荷をかけやすいため、効果的
  です。近づけるときは3秒程度、遠ざけるときは1秒程度が
  目安です。
とても近眼・近視の方は、景色を眺める遠近トレーニングだと、見える範囲が狭すぎて、トレーニングの効果がわかりにくいと思います。
この指を使った遠近トレーニングだと、自分の指に書いた「C」のマークをはっきり見える位置からぼやける位置にまで移動させるので、効果がわかりやすいです。
この視力回復トレーニングを1日3回の目安で行いましょう。
1回3分程度が理想です。
-------------------------------------------
視力回復のトレーニングは、筋肉トレーニングと一緒で、いきなりきついトレーニングすると筋肉痛になるように、視力回復トレーニングもいきなりきついトレーニングをすると、眼が痛くなってしまい、返って視力が落ちてしまう恐れがあります。
そのため、段階を踏んで視力回復トレーニングしていくことをオススメします。
もし、あなたやあなたの子供に視力回復トレーニングを始めよう、始めさせようと思っているなら、眼球トレーニングから始めましょう。少しずつ眼の筋肉を毎日継続してトレーニングすることが大事です。
はじめて僕のブログを見に来た方はこちらをどうぞ。

テーマ:視力回復 - ジャンル:ヘルス・ダイエット


視力回復トレーニング【景色を眺める遠近トレーニング】

子供と一緒に視力回復トレーニングしてますか~?
今回は遠近トレーニングについてまとめてみました。
遠近トレーニングでは、目の内眼筋を鍛えます。だいたい、どんなトレーニング法なのか、名前からわかると思いますが、遠くを見て、、、近くを見て、、、というのを繰り返します。
まず、棒のようなものを用意します。鉛筆でもボールペンでもシャープペンシルでもいいです。その場になければ、人差し指でもかまいません。^^
1.用意したボールペンやシャーペン、または人差し指を
  顔の前に突き立てます。
2.顔の前に突き立てたものの延長線上にある遠くの
  建物や木、煙突などを見てください。
3.一呼吸ついたら、顔の前に突き立てた鉛筆などを見ます。
4.2と3を腹式呼吸に合わせて、息を吸うときに顔の前に
  突き立てたものを、息を吐き出すときに遠くのものを見る
  ようにして、交互に繰り返してください。
遠くを見る対象として、なるべく遠くにあるものを選んでください。
近くのものと遠くのものの差があればあるほど、内眼筋が水晶体のピント調節のために大きく動いてくれるので、トレーニング効果が上がります。
だいたい1セット20回くらいにしましょう。
トレーニングのしすぎは、目を酷使することになり、逆に目が悪くなってしまう可能性があります。
-------------------------------------------
視力回復のトレーニングは、筋肉トレーニングと一緒で、いきなりきついトレーニングすると筋肉痛になるように、視力回復トレーニングもいきなりきついトレーニングをすると、眼が痛くなってしまい、返って視力が落ちてしまう恐れがあります。
そのため、段階を踏んで視力回復トレーニングしていくことをオススメします。
もし、あなたやあなたの子供に視力回復トレーニングを始めよう、始めさせようと思っているなら、眼球トレーニングから始めましょう。少しずつ眼の筋肉を毎日継続してトレーニングすることが大事です。
はじめて僕のブログを見に来た方はこちらをどうぞ。

テーマ:視力回復 - ジャンル:ヘルス・ダイエット


視力回復トレーニングの必要性

基本的に眼の筋肉をトレーニングすることが視力回復につながります。
眼の筋肉には大きく分けて2種類あります。
眼の筋肉、、、眼筋とも呼ばれていますが、
眼の内側の筋肉である 『内眼筋』 と
眼の外側の筋肉である 『外眼筋』 です。
内眼筋とは、
眼の瞳孔を大きくしたり、小さくしたりする瞳孔括約筋・瞳孔散大筋と呼ばれる筋肉と、眼の水晶体の厚さを変えてピントを合わせる毛様体筋を指します。
外眼筋とは、
眼球を上下左右に動かす筋肉(内直筋、外直筋、上直筋、下直筋、上斜筋、下斜筋)のことを指します。
人は外眼筋を一日に何万回も動かしているんですよ。
眼を動かすたびに外眼筋を指す6つの筋肉が動いているから、そのくらいの回数になってもおかしくないですね。
でも、大人にしろ、子供にしろ、パソコンを使った仕事やテレビゲーム、携帯ゲームなど、眼の動かす範囲が狭く、しかも動かす量が少なくなっています。
だから、自らが眼を動かし、視力回復トレーニングすることにより、外眼筋の柔軟性を高める必要があるんです。
そうすると血行がよくなり、筋肉のコリをほぐせるんですね。
しかし、なぜ、内眼筋と外眼筋を鍛える必要があるんでしょう?
その理由については、また今度説明しますね。
とにかく、眼の筋肉を鍛えることは、特に子供に対して、視力回復・視力維持の効果があるんです。特に、少し視力が落ち始めている子供には、メガネをかけさせる前に、視力回復トレーニングを行うことが重要です。
なので、短い時間でもいいので、毎日視力回復トレーニングを継続して実践していくことが大事なんです。
みなさんもがんばりましょう♪
-------------------------------------------
視力回復のトレーニングは、筋肉トレーニングと一緒で、いきなりきついトレーニングすると筋肉痛になるように、視力回復トレーニングもいきなりきついトレーニングをすると、眼が痛くなってしまい、返って視力が落ちてしまう恐れがあります。
そのため、段階を踏んで視力回復トレーニングしていくことをオススメします。
もし、あなたやあなたの子供に視力回復トレーニングを始めよう、始めさせようと思っているなら、眼球トレーニングから始めましょう。少しずつ眼の筋肉を毎日継続してトレーニングすることが大事です。
はじめて僕のブログを見に来た方はこちらをどうぞ。

テーマ:視力回復 - ジャンル:ヘルス・ダイエット


 | HOME |  »

プロフィール

Author:視力回復パパ ひろ
人気ブログランキングへ登録しました。^^
人気ブログランキングへ

簡単視力検査

スポンサーサイト

トライアルセット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。